​仁太屋セルフメイドの特色

今人気のセルフメイドスタイルですが、内容は工房によって様々です。

ここでは「仁太屋でこそできる」セルフメイドの特色をご紹介します。

地金からの制作にこだわります。

​仁太屋セルフメイドは「鍛造(たんぞう)技法」という、昔ながらの方法で制作します。

鍛造とは、ロウ原型を使わず、直接ハンマーなどで地金から作り込む方法。

地金をしっかり叩き締めることで、強度と密度ある地金が得られます。

現在、大半の工房が「鍛造をしない。または、ごく簡単な形状しか鍛造で作れない」

理由の一つは、手間とコストがかかるから。

また、地金の性質をよく知らなければ、鍛造はできません。

仁太屋はこの鍛造を追求し、今までの常識にとらわれず、鍛造デザインの幅を広げています。

​地金の性質を肌で感じられる面白さを知って頂きたいからです。

成形から仕上げまでをその日のうちに

ロウ原型を使った鋳造工程を挟まない分、

直接地金に触れながら、最後の仕上げまでをその日のうちに行います。

通常、鋳造工程を挟んでお預かり→最後はプロが仕上げる

・・・というのがセルフメイドの主流ですが、仁太屋が何よりお伝えしたいのは、自分で磨き上げたリングが光り輝く最後の瞬間。

様々な下地作業を積み重ねていくことで、初めて最後の感動の瞬間に出会えるのです。

どのようなリングも徹底した手磨きで

​本来、手間と時間のかかる研磨作業も、仁太屋ではお客様に手磨きで最後まで仕上げて頂きます。

現代のジュエリー制作は電動工具での研磨が常識。

「手仕上げの方が遥かに時間がかかる」

と考える職人も多いかもしれませんが、仁太屋が培ってきたのはこの手仕事の技術。

​電動バフに頼らない手磨きの中で、当日のうちに高い完成度に仕上げていくノウハウがありますので、安心してご参加ください。

セルフメイド Q&A

Q   ​とても不器用なのですが大丈夫でしょうか?難しくはないのですか?

A  工程によっては、難しいと感じられる部分もあるかもしれませんが、全てその方の手先に合わせて、​しっかりとフォローしていきますので、失敗するということはまずありません。ご安心ください。

Q   ​本当にサンプルと同じものが作れるのですか?

A  ハンマーワークのような地模様がつくデザインに関しては、打ち方に多少その方の個性が、​出てきますが、完成度に関しては、ほぼ同じレベルのものが作れるとお考えください。

Q  どんなデザインでも作れるのですか?

A  基本的には工房サンプルよりお選び頂いておりますが、規格以外でご希望のデザインがある場合は、個々でお打ち合わせさせて頂きオリジナルの製作プランを考えます。デザインによってはお客様に作業していただく工程が少なくなってしまう為、フルオーダーの制作に、一部だけ参加して頂くような形になる場合もございます。

Q 子供にも作れますか?

A  火や刃物も使用しますので、小さいお子様ですと、全ての工程を大人と同じようには、難しいかと思いますが、できない部分はこちらの方で進めさせて頂くという形でしたら、​参加していただけます。

 

Q サイズは何号から可能ですか?ベビーリングも作れますか?

A  何号からでも可能です。ベビーリングも作れます。ただし1号未満のリングは、内側の印字がお入れできない場合があります。

 

Q 手作りリングをプレゼントしたいのですが、相手の号数がわかりません。

A  お相手の方に測って頂くことが可能でしたらサイズゲージをお貸出ししています。サプライズなどの理由でサイズを調べる方法がない場合は、予想の号数でプレゼントされて、後日改めてサイズ直しに来られる方もいらっしゃいます。また、チェーンなどを通して、​ネックレスとしても使える形でプレゼントされてもいいかもしれません。

 

Q ペアリングを制作したいのですが、1人で2個、一度に作るのは無理でしょうか?

A  可能です。ただ、かなりハードにはなりますので同時間内(3時間)で2個制作される場合は、その分こちらでより多く手を入れさせて頂くことになるかと思います。極力ご自分の手でじっくり作られたい場合は、2コース(計6時間)受けて頂くことを、

​お勧めします。どちらの場合でも料金は変わりません。

 

Q 指がむくみやすく、自分の正しいサイズがよくわかりません。

A  指も体型と同じで、その時のコンディションや季節によっても日々変化しています。体重が大幅に増えたり、減ったりすれば、それに合わせて指のサイズも変わってきますから、その場合はサイズ直しをしていくしかないのです。あくまで現時点で一番はめやすいサイズを

​選んでみてください。後日どうしても合わなくなった時には、また当工房にお持ちください。

 

 

Qシルバーは時間が経つとどんどん黒くなるって聞くけど、お手入れ方法は?

A  硫化と言いますが、シルバーは空気に晒した状態で放置しておくと、硫黄分を取り込んで黒ずんできます。常に身につけているリングが硫化しないのは、普段の生活の中で自然に硫化膜が拭き取られているからです。普段身に着けないようであれば、チャック袋などに入れ空気を遮断して、しまっておくか、こまめに乾拭きしていれば硫化を防ぐことができます。もし、硫化してしまっても、表面だけなので研磨剤で​磨けばすぐに取れます。その際はいつでも工房にお越しください。

 

Q ブライダルリングにはどんな素材が人気ですか?オススメはありますか?

A  当工房では、やはり一番安定して人気なのがプラチナ900、また女性には18金ピンクゴールドも人気があります。強度でいうと、ピンクゴールドやイエローゴールドが一番硬く、深い傷が入りにくい素材です。また、プラチナ900に関しても、当工房では硬度のある素材を使用していますので、常使いには全く問題ありません。​実際にお手に取ってみて、お好みでお選び下さい。